Sunday, 29 December 2013

ホップマン・カップ2014 DAY1 ポーランド vs イタリア、オーストラリア vs カナダTV観戦記

年の瀬も押し迫った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。オーストラリアでは28日にパースでホップマン・カップが開幕。一足お先に新年気分です。

以下は初日のテレビ中継を見た感想など。

Monday, 23 December 2013

Friday, 20 December 2013

フェリシアーノ・ロペス 来年結婚宣言 怪我、デ杯、引退について

フェリシアーノ・ロペス(32)が去る4日、マドリッドで行われた髭剃りでお馴染みのブラウン新製品発表会に新ブランド・アンバサダーとして登場。同国の『Hola!』誌に語ったところによると、今年春から交際中の恋人、モデルのアルバ・カリージョさん(27)と来年にも結婚を考えていることが明らかに。

Tuesday, 17 December 2013

全豪2014 ワイルドカード・プレーオフ観戦記 男子決勝

続いて男子決勝では第3シード、21歳のベンジャミン・ミッチェルと第4シード、19歳のジョーダン・トンプソンが対戦。

Monday, 16 December 2013

全豪2014 ワイルドカード・プレーオフ観戦記 女子決勝

P1070802毎年恒例、国内男女各16名の選手が全豪本戦入りを賭けて競うワイルドカード・プレーオフ。好天に恵まれた最終日の日曜は決勝2試合。

Thursday, 12 December 2013

全豪2014 ワイルドカード・プレーオフ 16歳の晶・サンティランが225位リードに勝利

Akira Santillan全豪開幕まで約1ヶ月となり、今年もメルボルンパークで開催中のワイルドカード・プレーオフは木曜で4日目が終了。ベスト4が出揃ったここまでで最も注目を集めたのは男子1R、16歳で世界ランク1807位の晶(あきら)・サンティランが、昨年この大会で準優勝した同225位、第2シードのマット・リードを6-2 6-2 4-6 4-6 6-3で下した試合。

Friday, 6 December 2013

テニをはドロップ セリーナの新スポンサー、ハンチュコワのピアノ

TWR20131127Coverオーストラリアには不動産会社が発行する「THE WEEKLY REVIEW」というフリーペーパーがあって、我が家にも毎週入るのですが、先週号の表紙は何とあのセリーナ・ウィリアムズさんでびっくり。その事を今朝WTAのツイートを見て改めて思い出しました。

Wednesday, 4 December 2013

パーティー行かなあかんねん ニューカム・メダル2013

早いもので今年も残り1ヶ月。年末恒例のテニス・オーストラリア主催ニューカム・メダル授賞式が2日、メルボルンのクラウンにて開かれました。

Saturday, 30 November 2013

ステパネック&クヴィトワ 初の共同インタビュー (動画あり)

CropperCapture[249]6月のウィンブルドン開幕直前に交際が明るみになったラデク・ステパネック(35)とペトラ・クヴィトワ(23)。この度初めて二人揃って母国チェコの「TODAY」誌の取材に応じたとか。

Saturday, 16 November 2013

ヒューイット もう一度ウィンブルドンへ

32歳となった今シーズンを62位で終了したレイトン・ヒューイット。豪紙のインタビューで今年の印象的な出来事、来年の予定や同国の後輩等について語ったとか。

Friday, 15 November 2013

ステパネック クヴィトワとの関係について初めて語る

Radek Stepanek今月27日に35歳の誕生日を迎えるラデク・ステパネック。2年連続進出となったデ杯決勝を控え、「tennis.com」に対しニコール・バイディソワとの破局、噂のペトラ・クヴィトワとの関係について、初めて公に語ったとか。

Wednesday, 13 November 2013

ヴェルダスコ 最高、最悪の試合&ツアーファイナル複優勝&新恋人

先日終了したツアーファイナルに同国のダビド・マレーノと組んだダブルスで出場権を獲得、見事優勝を果たしたフェルナンド・ヴェルダスコ。

英デイリーメ-ル紙から彼のインタビュー記事と、新しい恋人の話題等です。

Tuesday, 5 November 2013

WTA125Kシリーズ南京 土居ダブルス優勝&森田シングルス準優勝おめでとう!

先週開催のWTA南京12万5千ドルで、土居美咲選手がダブルスで優勝、森田あゆみ選手がシングルスで準優勝を果たしました。

Monday, 4 November 2013

Sunday, 3 November 2013

メルボルン・チャレンジャー観戦記 DAY6 (その4) 伊藤/守屋 vs ミッチェル/コッキナキス

コートを変更して始まったダブルス準決勝第2試合。伊藤竜馬&守屋宏紀組が地元オーストラリアの若手ペア、ワイルドカードで出場のベンジャミン・ミッチェル&タナシ・コッキナキス組と対戦。

メルボルン・チャレンジャー観戦記 DAY6 (その3) グッチオーネ/リード vs ボルト/ウィッティントン

続いてダブルス準決勝の第1試合は、第1シードのクリス・グッチオーネ&マット・リード組とアレックス・ボルト&アンドリュー・ウィッティントン組のオージー対決。

Saturday, 2 November 2013

メルボルン・チャレンジャー観戦記 DAY6 (その2) 伊藤 vs ダックワース

続いて第2試合。今年初めての準決勝進出となった伊藤竜馬選手は、地元オーストラリアの21歳、ジェームス・ダックワースと対戦。

Wednesday, 30 October 2013

メルボルン・チャレンジャー観戦記 DAY4 (その4) 内山/バンブリ vs クラーン/ヴィーナス

3時を回って雨が降り始めたメルボルン・パーク。すっかり体が冷え切っていたこともあり一度は帰宅したのだが、間もなく雨は止み1時間後に試合は再開。内山靖崇選手のダブルスが残っていたこともあり、もう一度会場へ。

Monday, 28 October 2013

メルボルン・チャレンジャー観戦記 DAY4 (その1) 伊藤 vs リム、守屋 vs クラーン

毎年1月は全豪オープンで大賑わいのメルボルン・パークですが、先週は5万ドルのチャレンジャーの大会が行われました。メルボルンでのチャレンジャー開催は、09年3月以来約4年半ぶりのこと。日本からは杉田祐一、守屋宏紀、伊藤竜馬、関口周一、内山靖崇、予選から勝ち上がった竹内研人の計6選手が本戦に出場しました。天気が回復した木曜から会場で見てきたので、その感想など。

Thursday, 17 October 2013

マレー 大英帝国勲章授与式出席へ

昨年ロンドン五輪で金メダルを獲得、また全米でグランドスラム初優勝の活躍等で大英帝国勲章第4位(OBE)の受勲が決まったアンディー・マレーは17日、バッキンガム宮殿で開かれる授与式に出席予定。

Tuesday, 15 October 2013

ウォズニアッキ マキロイとまたもや破局説 本人は否定

しばしば別れの噂がメディアを賑わすキャロライン・ウォズニアッキと恋人のトップゴルファー、ローリー・マキロイ。先週末またもや二人の破局が大々的に報道されたものの、ウォズニアッキはデンマーク紙でこれを否定したとか。

Monday, 14 October 2013

ストーサー 大阪二回目の優勝おめでとう!

sam_stosur_won_osaka_title13日、大阪で行われたHPジャパン・オープン決勝で、第3シードのサマンサ・ストーサーが第5シードのユージェニー・ブシャールを3-6 7-5 6-2で下し優勝しました。

Sunday, 13 October 2013

ドルゴポロフ 子供時代のツアーの思い出、プレースタイル、趣味の車について

先日のジャパン・オープンで待望の初来日、今年5回目のベスト8入りを果たしたアレクサンドル・ドルゴポロフ。英『TENNISHEAD』誌による彼のインタビューです。

Wednesday, 9 October 2013

ワウリンカ 最高&最悪の試合、親友、ツアーファイナル初出場への挑戦

先月の全米でキャリア初のグランドスラム・ベスト4入りを果たし、今週キャリアハイの8位を記録したスタニスラス・ワウリンカ。彼のインタビューを二つ。

Thursday, 26 September 2013

ヒンギス&母親とそのパートナー 別居中の夫に暴力?報道

ダブルスに出場予定だった今週の東レ・パン・パシフィックを「個人的な事情」により欠場、シーズン終了を宣言したマルチナ・ヒンギス(32)。複数のスイス紙が報じたところによると、彼女の別居中の夫ティボー・ユタンさん(27)が、ヒンギスと彼女の母メラニーさん、メラニーさんのパートナーの三名から暴力をふるわれた、と主張しているとか。

Wednesday, 18 September 2013

デ杯2013 準決勝&その他ワールドグループプレーオフ雑感

先週末行われたデ杯ワールドグループ準決勝と日本 vs コロンビア戦以外のワールドグループ・プレーオフの結果や感想等です。左がホーム。

Monday, 16 September 2013

デ杯2013 日本ワールドグループ復帰おめでとう!! vs コロンビア戦雑感

やったーーーー!!!二日目のダブルスで1勝2敗となった時は、今回の復帰は夢のまた夢だと観念しましたが、まさか最終日に劇的な逆転勝利が待っていたなんて!デ杯・ワールドグループ・プレーオフでコロンビアと対戦した日本は、3勝2敗で勝利。2年ぶりのワールドグループへの復帰を決めました。

Tuesday, 10 September 2013

全米2013 DAY14でひとりごと

2020年の夏季オリンピック&パラリンピックの開催地が東京に決まったとか。ということは、有明スタジアムが新しくなって、テニスには、例年の大会ではなかなか揃わない豪華メンバーが集結することに?もうこれは見に行くしかない!

Tuesday, 27 August 2013

全米2013 DAY1でひとりごと

衝撃の全米初日!

守屋くん ATP公式サイトにインタビュー

年の最後のグランドスラム全米開幕!ですが、ATP公式サイトに守屋宏紀選手のインタビューが上がっていたので、急遽ざっくり訳しました。錦織くんの多くの英語インタビューがそうであるように、日本の雑誌をチェックしている人なら旧知の内容なのかもしれませんが、とりあえず。

Sunday, 25 August 2013

全米2013 女子優勝予想&気になる試合

マリア・シャラポワのいないグランドスラムなんて!!しかし、ショーはマスト・ゴー・オン。ベスト4&優勝予想と気になる対戦です。まずは女子から。

Wednesday, 21 August 2013

シャラポワ 「シュガポワ」への改名断念 、新製品発表& 新コーチとしてお父さんが復帰

マリア・シャラポワが自身のグミ菓子ブランド「シュガポワ」販促のため、来週から始まる全米の大会中に限り「マリア・シュガポワ」としてプレーするという計画があったものの、諸般の事情を考慮した結果、断念に至ったとか。

Tuesday, 20 August 2013

TOP5デビューのベルディヒ 最高&最悪の試合、最後の晩餐はふぐ?

今週付けのランキングで5位となり、キャリアハイを更新したトマシュ・ベルディヒ。英紙デイリーメールの彼のインタビューが面白かったので。

Saturday, 17 August 2013

シャラポワ、ストーサー 全米直前にコーチと決別

マリア・シャラポワとサマンサ・ストーサーが全米開幕を直前に控えた今週、それぞれコーチと袂を分かったとか。

Friday, 16 August 2013

バルトリ 電撃引退宣言

CropperCapture[181]先月ウィンブルドンでグランドスラム初優勝を果たしたマリオン・バルトリ。15日、シンシナティ2Rでシモーナ・ハレプと対戦し3-6 6-4 6-1で敗れた後の記者会見の席で、突然現役引退を発表。

Thursday, 8 August 2013

マレー ウィンブルドン優勝後の生活、バカンス、練習再開、レンドルについて

イギリス人として77年ぶりにウィンブルドン優勝を果たした後、当日夜のチャンピオンズ・ディナー、明けて月曜のインタビュー、首相官邸訪問を経て、夜レストランでキムさんと夕食を済ませたところを目撃されて以降公の場に姿を見せていなかったアンディーマレー。ウィンブルドン後では初めての試合となった今週のマスターズ1000モントリオールを前に、その間の出来事について語ったとか。

Sunday, 4 August 2013

錦織くん & マッケンローエキシビ決定記念 マッケンロー懐かCM集

この11月東京で、錦織圭選手とレジェンド、ジョン・マッケンローとのエキシビションマッチの開催が決まったことが昨日、錦織くんのツイートを通じて明らかに。これを記念して、マッケンローが現役時代日本で出演した数々の懐かしいCMをおさらいしてみたいと思います。

WTAカールスバッド準々決勝 ラドワンスカ vs ストーサー スーパーショットと謎の女性

WTAカールスバッド、3日に行われた準々決勝で対戦した第2シードのアニエシュカ・ラドワンスカと第5シードのサマンサ・ストーサー

Saturday, 3 August 2013

テニをはドロップ マトセビッチ 新コーチで再出発 プチコワ 怒りのショットが線審直撃で失格

来週8日に28歳の誕生日を迎えるマリンコ・マトセビッチ。今週出場のATP500ワシントンDCでは、3Rで13位のミロシュ・ラオニッチを7-5 7-6(7)を下しベスト8入り(準々決勝でツルスノフに敗退)。

Wednesday, 31 July 2013

チリッチのドーピング陽性反応 元コーチのブレット氏が認める

先日のトロイッキとほぼ時を同じくして、クロアチア数紙においてドーピング検査で陽性反応が出たと報じられた現在15位のマリン・チリッチ。この度彼の元コーチ、ボブ・ブレット氏がチリッチ本人に電話で確認したところ、報道が事実であることを認めたとか。

Friday, 26 July 2013

トロイッキ ドーピング検査違反で18ヶ月の出場停止処分

現在53位のヴィクトル・トロイッキ(27)にドーピング検査において違反があったとして25日、ITFから出場停止18ヶ月の処分が発表に。

Tuesday, 23 July 2013

トミッチ父 涙ながらに無罪主張

去る5月4日、大会出場のため訪れたスペイン・マドリッドで息子のヒッティング・パートナーに頭突き、鼻を骨折させる等の怪我を負わせた疑いが持たれているバーナード・トミッチの父イヴィカ(通名ジョン)被告が21日、マドリッドの裁判所に出廷。泣きながら無罪を主張したとか。

Monday, 22 July 2013

ラドワンスカ 「BODY ISSUE」のバッシングに反論

今月上旬発売のESPNマガジン「BODY ISSUE」号でヌードを披露したアニエスカ・ラドワンスカ。ところが、彼女の母国ポーランドのカトリック青年会がこれを「不道徳な振る舞い」と見做し、彼女との絶縁を宣言したことが内外で話題に。

Sunday, 21 July 2013

病気から復帰のカルロビッチ ボゴタ決勝進出

今年春、ウィルス性髄膜炎に罹り一時は意識不明、ツアー離脱を余儀なくされたイボ・カルロビッチが先週のATP250ニューポートで復帰を果たしベスト8。今週の同ボゴタではここまで一度もブレークを許さず、3年ぶりに決勝進出と絶好調。

Tuesday, 16 July 2013

ラドワンスカ ESPN「BODY ISSUE」インタビュー & ヤノヴィッツ、クボットと大統領表敬訪問

今や毎年恒例となった、各界の著名アスリートが鍛えあげた肉体を惜しげもなく公開する米ESPNマガジンの「BODY ISSUE」号。これまでテニス界からはセリーナ・ウィリアムズ、ベラ・ズボナレワ、ダニエラ・ハンチュコワが登場した同誌に今回ジョン・イズナーと共に選ばれたのは、先のウィンブルドンではベスト4のアニエシュカ・ラドワンスカ。

同誌からなかなか興味深かった彼女のインタビュー等。

Sunday, 14 July 2013

マレー ウィンブルドン優勝その後

ウィンブルドンで77年ぶりのイギリス人チャンピオンとなったアンディー・マレー。彼が優勝後BBCに語ったコラムや、大忙しの月曜の出来事より。

Tuesday, 2 July 2013

ウィンブルドン2013 ミドルサンデーでひとりごと WTA 40LOVEパーティー

中日の日曜は恒例の休日で、試合はなし。今年設立40周年を迎えたWTA。1975年のコンピューター・ランキング導入以降No.1の座に就いたプレーヤー達が一同に会した「WTA 40LOVE」パーティーが30日、オール・イングランド・クラブで行われました。

Thursday, 27 June 2013

ウィンブルドン2013 DAY3でひとりごと

ナダルの早期敗退は、悲劇のほんの序章に過ぎなかった!3日目は棄権、リタイア、元世界No.1が続々に敗退の大嵐。グランドスラム史上最も奇妙な一日に!!

Sunday, 16 June 2013

ツォンガ 6年前のチャレンジャー優勝の思い出、人生で大切にしている事他

母国開催の全仏で、キャリア最高のベスト4入りを果たしたジョー-ウィルフリード・ツォンガ。クイーンズ開催前に、英ガーディアン紙のインタビューに応じたとか。

Friday, 14 June 2013

マレー BBCインタビュー&コラム 全仏欠場の間していた事等

背中の故障により全仏を欠場、今週地元イギリスのクイーンズで復帰したアンディ・マレー。初戦の2R、vs ニコラ・マユ戦を前に英BBCのスタジオ・インタビューに出演したとか。

Wednesday, 12 June 2013

Monday, 27 May 2013

全仏2013 DAY1でひとりごと

CropperCapture[110]大会初日、観客席に厚手のコート姿が目立ったパリ。気候によって体感温度は違うので実際はどんな感じか分かりませんが、冬を迎えつつあるメルボルンより気温が低いようです。北半球のくせにそれは寒い。

Saturday, 25 May 2013

Thursday, 23 May 2013

マレー おばあちゃんが語る地元凱旋当日秘話

murray 200513 win先週ローマ2Rで背中の故障により途中リタイア、26日開幕の全仏の欠場を正式に発表したアンディ・マレー。

雑誌『リーダーズ・ダイジェスト・イギリス版』6月号で、彼の祖母シャーリー・アースキンさん(79)が孫アンディについて語ったとか。

Tuesday, 21 May 2013

プチンツェワ vs バンダウェイ Twitterで場外乱闘

20日、ブリュッセル予選決勝で対戦したユリア・プチンツェワとココ・バンダウェイ。試合は4-6 6-1 6-1でプチンツェワが勝ったものの、試合後のプチンツェワの発言を巡りバンダウェイがTwitterで激怒。

Thursday, 9 May 2013

マレー プレーヤー仲間からの質問に答える

マドリード2Rでフローリアン・マイヤーに勝ち、記念すべきツアー400勝目を挙げたアンディ・マレー。HEADの企画で、彼が同じHEADのラケットを使用する選手たちからの質問に答えたビデオが面白かったので。

Tuesday, 7 May 2013

トミッチ父頭突き事件 被害者ヒッティングパートナーの証言

豪「Herald Sun」紙サイトに、トミッチ父から暴行(トミッチ父は正当防衛を主張)を受けたヒッティング・パートナー、トーマス・ドルエさんが語った事件の詳細がありました。以下、主語はドルエさん。

トミッチ父 裁判で正当防衛主張

先週マドリードで、息子バーナードのヒッティング・パートナー、トーマス・ドルエさん(29)に暴行をはたらいた疑いで逮捕されたジョン・トミッチ。6日、マドリードの裁判所に出頭したトミッチ父は正当防衛を主張。これにより、引き続き14日の公判に臨むことに。

Monday, 6 May 2013

トミッチ父 ヒッティングパートナーに頭突き?マドリードで逮捕 本人は否定

トラブル続きのバーナード・トミッチにまたもや事件!今度は息子のコーチも務める父ジョンさんが、トミッチのヒッティングパートナーに対する暴行の疑いで逮捕、一時勾留されたとか。

Saturday, 27 April 2013

シャラポワ FacebookでファンとQ&A

シュツットガルトのポルシェ・グランプリで2年連続の優勝を狙うマリア・シャラポワ。ポルシェのブランド・アンバサダーにも選ばれた彼女が先日、Facebookでファンからの質問に答えたとか。

Wednesday, 24 April 2013

フェド杯準決勝 & ワールドグループⅠ&Ⅱプレーオフ雑感

先週末各地で行われたフェド杯のワールドグループ準決勝とプレーオフの結果等。ちなみに、フェド杯のグループ分けはデ杯と若干異なり、最上位のワールドグループ(Ⅰ)が8ヶ国、その下のワールドグループⅡが8ヶ国、以下アメリカ、アジア・オセアニア、ヨーロッパ・アフリカの各ゾーン・グループになります。

Saturday, 20 April 2013

パーティー行かなあかんねん フェド杯 ワールドグループ準決勝 &プレーオフ

今日20日と明日21日の2日間に渡って各地で行われるフェド杯ワールドグループ準決勝とプレーオフ。試合開始を前に、チームの特色が垣間見えるオフィシャルディナーでのファッションをチェックしたいと思います。

Wednesday, 17 April 2013

スリチャパン 今度はプロゴルファーに挑戦

2010年の引退前後からビジネス、俳優、バイクレース等に挑戦してきた元世界9位パラドーン・スリチャパン(33)。今度はゴルフでプロへの転向を考えていることが明らかに。
 

Sunday, 14 April 2013

レンドルのミュシャ・コレクション 初の一般公開

グランドスラム8回優勝で、現在はアンディ・マレーのコーチを務めるイワン・レンドル。実はアール・ヌーヴォーを代表する画家、同じチェコ人のアルフォンス・ミュシャ(ムハ)の熱心なコレクターとしても知られ、その昔彼のコレクションを集めた本が発行されたことも。

Saturday, 13 April 2013

フェリシアーノ・ロペス コメディー出演 &新恋人

La noche de José Motaフェリシアーノ・ロペスが、スペインのコメディー番組『La noche de José Mota』にゲスト出演。

Thursday, 11 April 2013

ストーサー 最高&最悪の試合、アイドル、必需品、最後の晩餐は和食

先月30日に29歳の誕生日を迎えたサマンサ・ストーサー。英デイリー・メイル紙のサイトから彼女のインタビューです。

Monday, 8 April 2013

デ杯 日本 vs 韓国雑感

先週末有明コロシアムで行われたデ杯アジア・オセアニア・ゾーン2Rで、ワールドグループのプレーオフ出場を賭け韓国と対戦した日本。いくらエースの錦織くん抜きだったとは言え、有明開催でNo.1が314位のチームを相手に第5試合までもつれるとは正直予想外でしたが、とにかく結果オーライ。

以下感想など。

Saturday, 6 April 2013

Monday, 1 April 2013

錦織くん ウィダーinゼリー新CM

先週のマイアミはベスト16と、腹筋の故障を抱えながらもシードを守った錦織圭選手。彼が栄養面、トレーニング面でサポート契約を結んでいる森永製菓から、この度「ウィダーinゼリー」の新しいCMが公開に。

Sunday, 31 March 2013

マレー 全米優勝に導いたバスルームブレーク秘話

マイアミ準決勝ではリシャール・ガスケにフルセットで勝利、日曜の決勝でダビド・フェレールと対戦するアンディ・マレー。

Saturday, 30 March 2013

ラフター パンツ一丁アゲイン&ファイナル?

元世界No.1で現豪デ杯監督、先日は豪紙の「親しみを覚えるアスリート」調査でも現役のレイトン・ヒューイットに次ぎ第6位につけたパトリック・ラフター。

Thursday, 28 March 2013

ガスケ マイアミ4R突破記念 素敵ショット集

27日に行われたマイアミ4Rでニコラス・アルマグロをファイナルセット・タイブレークで下し、同大会では初の準々決勝進出を果たしたリシャール・ガスケ。

Wednesday, 13 March 2013

絶好調ガルビス 復活インタビュー

2週間前デルレイビーチで予選から勝ち上がり、2年ぶりとなるツアー3回目の優勝。136位でスタートした今シーズン、2ヶ月で67位まで一気にランクを上げたエルネスツ・ガルビス。

先日、米ニューヨーク・タイムズ紙のサイトに彼のインタビューがアップされました。インディアンウェルズの予選後に行われたもので、内容は再び競技への意欲を取り戻した経緯、今年に入ってからの練習、過去の夜遊び、これからの目標等について。彼らしい率直な語りでなかなか興味深い内容だったので、拙訳ですがご紹介したいと思います。

Friday, 8 March 2013

ヴィーナス EleVen 2013年秋冬コレクション & セリーナ HSN出演

01年、姉妹対決となった準決勝をヴィーナスが試合開始4分前に棄権。翌日の決勝ではセリーナと客席のヴィーナスと父リチャードさんに観客からブーイング、表彰式でも優勝したセリーナがブーイングを浴びる等の騒ぎが起きて以来、インディアンウェルズは欠場続きのウィリアムズ姉妹。今年も心境に変化はなかったようで、空き時間を有効活用するべく(?)サイドビジネスに力を入れている模様。

Wednesday, 6 March 2013

トミッチ 非合法組織に繋がる人物と交際?報道

2月はマルセイユでベスト8、準決勝でもツォンガ相手にマッチポイントを5つ取るまで追い詰める活躍から一転、翌週のドバイは1Rで途中棄権となったバーナード・トミッチ。

そんなトミッチについて5日、豪数紙で彼と非合法組織に関係する人物との関わりを匂わせる報道が。

Tuesday, 26 February 2013

錦織くん メンフィス優勝おめでとう!!

24日、米テネシー州で開催のATP500メンフィス決勝で第5シードの錦織圭選手がフェリシアーノ・ロペスと対戦、6-2 6-2で下しツアー3回目の優勝を果たしました。

Monday, 25 February 2013

全豪2013観戦記 DAY13 (その4) 国枝 vs ウデ

P1070423今年も全豪観戦の最後を飾ることになったのは、車いすの国枝慎吾選手の試合。

Sunday, 24 February 2013

全豪2013観戦記 DAY13 (その3) キルギオス vs コッキナキス

2時半開始のジュニア男子シングルス決勝は、第3シードの17歳ニック・キルギオスとノーシードの16歳タナシ・コッキナキスの地元勢対決。

Saturday, 23 February 2013

全豪2013観戦記 DAY13 (その2) 錦織くんのサイン

ジュニア男子シングルス決勝が始まるまで30分ほど空いた。少し外を回って見ることに。

Friday, 22 February 2013

全豪2013観戦記 DAY13 (その1) コニュー vs シニアコワ

1月26日(土)

P1070262大会最終日前日の土曜日、ロッド・レーバー・アリーナのデイ・セッションは例年ジュニアの男女決勝が行われる。第2試合の男子決勝は今回ニック・キルギオスとタナシ・コッキナキスのオージー対決が実現。テレビで「ジュニアの決勝観戦は無料です」と何度も宣伝していたおかげか、いつもよりお客の入りがいいような。

Tuesday, 19 February 2013

Monday, 18 February 2013

全豪2013観戦記 DAY8 (その2) フォニーニ/ボレリ vs ネスター/ブパシ

ショーコート2へ向かう途中、何やら書かれたボードを掲げて歩くティーンの女の子とすれ違った。そこには

"I'm a huge Ben Mitchell Fan. Call me!!"

のメッセージと共に携帯電話の番号が。

……それはベン・ミッチェルくん本人から電話をもらいたいのか、それともベン・ミッチェルのファンである私に興味があったら電話してね、という意味なのか。はて?

Sunday, 17 February 2013

全豪2013観戦記 DAY8 (その1) 西岡 vs サンティラン

1月21日(月)

前日の夜、ジョコビッチ vs ワウリンカの激戦に最後まで付き合っていたら、就寝が2時になった。朝起きても疲れが取れず観戦は休むつもりでぐだぐだ過ごしていたが、あまりにも天気が良いので思い直して出かけることに。今から出れば、ジュニアの西岡良仁くんの2回戦が見られそうだ。

Friday, 15 February 2013

全豪2013観戦記 DAY7 (その5) ベルディヒ vs アンダーソン

マーガレット・コート・アリーナでは第5シードのトマシュ・ベルディヒとノーシードのケビン・アンダーソンが試合中。外のコートで行われる試合がめっきり少なくなったこともあり、場内は満員。席に着くまで壁の外で随分待った。

Thursday, 14 February 2013

全豪2013観戦記 DAY7 (その4) シャラポワ vs フリプケンス

デイ・セッション最後の試合は、第2シードのマリア・シャラポワとノーシードから勝ち上がったキルステン・フリプケンスが対戦。

Tuesday, 12 February 2013

全豪2013観戦記 DAY7 (その3) 錦織 vs フェレール

P1060823ロッド・レーバー・アリーナのデイ・セッション第2試合、いよいよ錦織圭選手がダビド・フェレールと対戦する4Rが始まる。直近の対戦は昨年8月のロンドン五輪3Rで、その際は錦織くんが勝っているが、フェレールが簡単にお得意様になってくれるような甘い男だとはとても思えない。

Monday, 11 February 2013

全豪2013観戦記 DAY7 (その2) ケルバー vs マカロワ

本日のロッド・レーバー・アリーナのデイ・セッション第1試合は女子4R、第5シードのアンゲリク・ケルバーと第19シードのエカテリーナ・マカロワのサウスポー対決。

Sunday, 10 February 2013

全豪2013観戦記 DAY7 (その1) 試合開始前

1月20日(日)

今日は錦織くんの4R、vs ダビド・フェレール戦がロッド・レーバー・アリーナのデイセッション第2試合に入った。日曜はまだ席の余裕があったようで、前日でも買えた。ほとんど最上段だが文句は言うまい。

Saturday, 9 February 2013

全豪2013TV観戦記 DAY6 森田 vs セリーナ・ウィリアムズ

1月19日(土)

前日の金曜日、錦織 vs ドンスコイ戦を見届けた後、ロッド・レーバー・アリーナ内にあるチケット売り場に立ち寄った。翌日の同アリーナ、デイ・セッションのスケジュールに森田あゆみ選手がセリーナ・ウィリアムズと対戦する3Rが入ったからだ。

全豪2013観戦記 DAY5 (その2) 錦織 vs ドンスコイ

P1060652午後3時半過ぎ、ようやくお待ちかねの錦織くんが登場。

Wednesday, 6 February 2013

全豪2013観戦記 DAY5 (その1) ブライアン兄弟 vs セッピ/チポラ

1月18日(金)

この日は午後からの観戦。40度近くまで上がった前日から一転。メルボルン・パーク上空は厚い雲に覆われ、ジャケットなしでは肌寒いほど。

Tuesday, 5 February 2013

全豪2013観戦記 DAY4 (その4) 森田/土居 vs フーバー/マルティネス・サンチェス

しばらく休んで体力を回復。森田あゆみ&土居美咲のフレッシュダブルスを見に5番コートへ。

全豪2013観戦記 DAY4 (その3) マリッセ/ノーマン vs モンロー/ゼムリャ

暑さにやられて木陰を求め端っこの15番コートまでやって来たはずが、ダブルスに入ったマリッセを発見。ああ恐ろしい。ここは罠だらけだ。

全豪2013観戦記 DAY4 (その2) スアレス-ナヴァーロ vs プチンツェワ

午後2時を過ぎいよいよ本格的に暑くなってきた。若干頭がくらくらし始めたが、まだもうちょっと耐えられる。カルラ・スアレス・ナヴァーロとユリア・プチンツェワの試合へ。

Monday, 4 February 2013

全豪2013観戦記 DAY4 (その1) 添田 vs ツォンガ

1月17日(木)

大会開幕から上がり続けた最高気温。この日の予想はついに37度。これは厳しい一日になりそうだ。出来る限りの水分を用意して出発。

全豪2013観戦記 DAY3 (その4) 土居 vs シャラポワ

P1060408続く第4試合は土居美咲選手と第2シードのマリア・シャラポワが対戦。

Sunday, 3 February 2013

全豪2013観戦記 DAY3 (その3) 伊藤 vs バグダティス

前日DAY3のスケジュールが発表になった後ハイセンス・アリーナのチケットを買いに売り場へ行ったところ、日陰席は上の方しか空いてないと言われた。DAY2は平日としては大会史上最高の観客入場数を記録したとか。今年は天候に恵まれているせいか、やたら人が多い。

全豪2013観戦記 DAY3 (その2)

錦織くんの試合が終わり、ハイセンスアリーナ第3試合に入った伊藤竜馬 vs マルコス・バグダティス戦まで中途半端に時間が空いた。つらつらとコート巡り。

Saturday, 2 February 2013

全豪2013観戦記 DAY3 (その1) 錦織 vs ベルロク

1月16日(水)

大会三日目。今日もいい天気。初日から少しずつ日中の気温が上がり続けている。

Friday, 1 February 2013

全豪2013観戦記 DAY2 (その8) ダビデンコ vs セラ

13番コートのニコライ・ダビデンコ vs デュディ・セラの試合へ。コートに着いたのは、確か第2セット終了前。

全豪2013観戦記 DAY2 (その7) ガスケ vs モンタネス

ショーコート2へ。第2試合の若手オージー対決、ジェームス・ダックワース vs ベン・ミッチェルは4時間半のロングマッチとなり、第3試合のリシャール・ガスケ vs アルベルト・モンタネスがようやく始まったのは6時過ぎ。

Thursday, 31 January 2013

全豪2013観戦記 DAY2 (その6) ロソル vs J・ベイカー他

昨年ウィンブルドン2Rでラファエル・ナダルを倒したことで一躍有名になったルーカス・ロソルが試合中ということで、20番コートへ移動。ロッド・レーバー・アリーナの反対側にあるこのエリアを訪れるのは、今年は初めて。

全豪2013観戦記 DAY2 (その5) 森田 vs タチシュビリ

続いて6番コート第3試合に入ったのは、森田あゆみ選手とアンナ・タチシュビリ。

Wednesday, 30 January 2013

全豪2013観戦記 DAY2 (その4) 添田 vs サヴィル

6番コートは第2セットが終わりかけ。添田豪選手の5-3で迎えた第9ゲームはサービング・フォー・ザ・セット。添田が取ってセットオールに戻すと一斉に観客の移動が始まったが、期待したほど減らない。セットオールくらいではオージーファンは諦めてくれないか。どうにか空席を見つけて落ち着いた。

Tuesday, 29 January 2013

全豪2013観戦記 DAY2 (その3) プチンツェワ vs マクヘイル

6番コートの第1試合は、クルム伊達公子選手が第12シードのナディア・ペトロワを下す金星。続く第2試合では添田豪選手が地元オーストラリアの18歳、ルーク・サヴィルと対戦する。気になるが、6番コートの観客席は相変わらず満員。仕方がないので、その次に気になっていたユリア・プチンツェワとクリスティーナ・マクヘイルの試合へ。

全豪2013観戦記 DAY2 (その2) ベランキス vs スタホフスキ

予選から追っているリカルダス・ベランキスとセルジ・スタホフスキの試合へ。

全豪2013観戦記 DAY2 (その1) ストーサー練習他

1月15日(火)

前日帰宅したのは夜11時過ぎ。この日の朝はついに起き上がれず、完全に出遅れてしまった。まだ大会は二日目だというのに。

全豪2013観戦記 DAY1 (その7) ステパネック vs トロイッキ

ジェットコースターのような3時間半の竜馬 vs ミルマン戦を見届け、最早精も根も尽き果てた。今日って確かまだ大会初日じゃなかったっけ?何だか日時の感覚まで怪しくなってきたが、こんな所で燃え尽きる訳にはいかない。もう辺りはとっぷり暗くなったことだし、今日の観戦はここで切り上げよう。出口に向かって歩き始めようとした時、電光掲示案内板に目が留まった。15番コートでラデク・ステパネックとヴィクトル・トロイッキの試合がまだ続いていて、しかもステパネックが2セットダウンから追いつき、ファイナルセットの真っ最中だ。何ですって!これは見逃せない!15番へ急げ!!

Sunday, 27 January 2013

全豪2013観戦記 DAY1 (その6) 伊藤 vs ミルマン

この日ショーコート3で最後の試合に組み込まれたのは、伊藤竜馬選手と地元オーストラリアのジョン・ミルマンの試合。

全豪2013観戦記 DAY1 (その5) バルトリ vs メディナ・ガリゲス

伊藤竜馬選手の試合に備えて早めにショーコート3へ移動すると、その一つ前の試合、マリオン・バルトリとアナベル・メディナ・ガリゲスが始まるところ。

全豪2013観戦記 DAY1 (その4) 土居 vs マルティッチ

錦織くん1R突破の余韻も覚めやらぬ6番コート。第2試合は土居美咲選手がペトラ・マルティッチと対戦。

全豪2013観戦記 DAY1 (その3) 錦織 vs ハネスク

11時過ぎ、お待ちかねの錦織圭選手とヴィクトル・ハネスクが6番コートに登場。

Friday, 25 January 2013

全豪2013観戦記 DAY1 (その2) 試合開始前

何はなくとも、まずは第1試合に錦織圭選手の試合が入っている6番コートに直行。

全豪2013観戦記 DAY1 (その1) 開門前

1月14日(月)

ついに今年も全豪本戦開幕の朝を迎えた。少し肌寒く感じるほど風が冷たい。

全豪2013観戦記 予選DAY4 (その9) その他見かけた人々

観客も少なくなった土曜の夕方のコートで見かけた人など。

全豪2013観戦記 予選DAY4 (その8) ボゴモロフJr. vs ヤニ

アレックス・ボゴモロフJr.とマイケル・ヤニの試合は、第1セットはボゴモロフJr.、第2セットはヤニが1ブレークアップ。

全豪2013観戦記 予選DAY4 (その7) ライスター vs ワード

12番コートを通りかかると、ユリアン・ライスターとジェームス・ワードの試合が終わりかけ。第1セットはライスター、第2セットも5-5からライスターがブレークに成功してサービング・フォー・ザ・マッチ。