Sunday, 18 January 2015

全豪2015 女子優勝予想 & パーティー行かなあかんねん

今年の全豪は久々の自宅観戦となりました。寂しい限りですが、あの殺人的な紫外線を浴びずに済む事だけは良しとしておきます。



今回も女子から気になる組み合わせと優勝などです。名前の後ろの数字はシード。

(注: 18日にクラウンホテルで行われたIMGのプレーヤーズ・パーティーの画像を追加しました)


***

第1クオーター


気になる1R


☆ クルム伊達公子 vs アンナ・タティシュビリ

44歳にして14回目の全豪本戦出場を果たしたクルム伊達選手。初戦の相手は予選を勝ちあがった141位のタティシュビリ。2年ぶりの2R進出なるか?


☆ ヴィクトリア・アザレンカ vs スローン・スティーブンス

初顔合わせの2013年全豪準決勝で、アザレンカのメディカル・タイムアウトを巡るひと悶着が記憶に新しい因縁の対決。昨年の全豪に続く三回目の対戦となった今年は、二人ともノーシードでの出場。


☆ キャロライン・ウォズニアッキ [8] vs テイラー・タウンゼント

前哨戦のシドニー1Rを手首の故障で途中棄権したウォズニアッキ。回復の度合いによっては番狂わせも?


☆ ドミニカ・チブルコワ[11] vs カースティン・フリプケンス

昨年全豪準優勝のチブルコワは、初戦でいきなり一昨年ウィンブルドン・ベスト4のフリプケンスと難敵。


● 実現したら面白そうな試合


☆ 2R キャロライン・ウォズニアッキ [8] vs ヴィクトリア・アザレンカ

昨年はプライベートで共に辛い別れもあった、ジュニア時代からのお友達対決。


☆ 2R スローン・スティーブンス vs テイラー・タウンゼント

アメリカの才能ある若手対決。実績ではスティーブンスが圧倒的に上回っているもの、3歳年下のタウンゼントの成長も無視できません。実現すれば、ツアーでは初対戦。


☆ 3R ドミニカ・チブルコワ [11] vs アリーゼ・コルネ [19]

闘志溢れるプレーが持ち味の二人の真っ向勝負は必見。


☆ 3R エレナ・ヤンコビッチ [15」 vs ガルビネ・ムグルザ [24]
☆ 4R セリーナ・ウィリアムズ [1] vs ガルビネ・ムグルザ [24]

全豪では一昨年2Rでセリーナを、昨年3Rでウォズニアッキを下す金星を上げているムグルザ。今年も上位選手を脅かす存在になりそうです。注目。


ベスト4 → ガルビネ・ムグルザ [24]

***

第2クオーター


● 気になる1R


☆ 奈良くるみ vs アニエシュカ・ラドワンスカ [6]

前哨戦ホバートでベスト4入りのくるみちゃんは1Rでラドワンスカと対戦と、ちょっと厳しい初戦になりました。しかし、ラドワンスカの昨年後半の成績を見る限りでは、付け入る隙が全くないわけでもないような。くるみちゃんはくるみちゃんでホバート準決勝の終盤治療を受けた腰周辺の状態が気になるものの、それ以前のプレーは目を見張るものがありました。頑張れ!


☆ サマンサ・ストーサー [20] vs モニカ・ニクレスク

ブリスベン1Rでレプチェンコにファイナルセット5-1リードから逆転負けと、今シーズンも母国で散々なスタートを切ったストーサー。続くシドニー1Rで、サファロワをフルセットで下したことが少しでも自信になっているといいけどな。サムよ、ロッド・レーバー・アリーナを靭のセンターコートだと思い込め!…と言っても無理か?


☆ ケイシー・デラクア [29] vs イヴォンヌ・モイスバーガー

母国のグランドスラムに初めてシード選手として出場するデラクアは、初戦で昨年8月に引退を表明したモイスバーガーと対戦。

モイスバーガーは「初めてグランドスラムに出場した全豪を、現役最後の大会にしたかった」という主旨の発言をしたとか。

Retired Meusburger returns for Australian Open - Yahoo Sports


☆ フラビア・ペネッタ [12] vs カミラ・ジョルジ

イタリアのベテランと若手の直接対決。


●実現したら面白そうな試合


☆ 3R フラビア・ペネッタ [12] vs ヴィーナス・ウィリアムズ [18]

酸いも甘いも噛み分けた30代対決。


☆ 3R アニエシュカ・ラドワンスカ [6] vs バーバラ・レプチェンコ [30]

粘り強いレプチェンコは、ラドワンスカにとっても決して簡単な相手とはならないでしょう。


ベスト4 → ペトラ・クヴィトワ [4]



***

第3クオーター


● 気になる1R


☆ ヤルミラ・ガイドソワ vs アレクサンドラ・ドゥルゲル

全豪本戦は過去9戦全敗のガイドソワ。目指せ初勝利!


☆ ベサニー・マテック-サンズ vs イン-イン・デュアン

独特のファッションで常に注目を集めるマテック-サンズと、人目を惹く体格がコート上で異彩を放つデュアン。興味深い対戦。


●実現したら面白そうな試合


☆ 3R エカテリーナ・マカロワ [10] vs カロリナ・プリスコワ [22]
☆ 4R エカテリーナ・マカロワ [10] vs アナ・イワノビッチ [5]

グランドスラムになると燃えると語るマカロワは、全豪では過去二度ベスト8入りと相性良し。3Rで前哨戦シドニー準優勝のプリスコワ、4Rでイワノビッチと対戦。

ロシア繋がりで思い出しましたが、ドローにキリレンコさんの名前が見当たりませんが!最近はインスタグラムの更新もめっきり減ってしまって寂しいな。どこで何してるの?早く帰ってきて!


☆ QF シモーナ・ハレプ [3] vs エカテリーナ・マカロワ {10]

前哨戦シドニーを胃腸炎で欠場したハレプ。全豪初のベスト4入りなるか?!


ベスト4 → シモーナ・ハレプ [3]

***

第4クオーター


● 気になる1R


☆ ルーシー・サファロワ [16] vs ヤロスラワ・シュウェドワ

胸が空くようなハードヒットをコートサイドで堪能したい対決。


☆ スベトラーナ・クズネツォワ [27] vs キャロライン・ガルシア

自身のラッキーナンバー「27」がシードに付いたことで、さぞかし気を良くしているであろうクズネツォワ。全豪の彼女と言えば、2011年4Rのvsスキアボーネ戦は今でも語り草。往年の輝きを取り戻せ!


●実現したら面白そうな試合


☆ QF マリア・シャラポワ [2] vs ユージェニー・ブシャール [7]



シャラポワ(画像上段)が打つ時は耳を塞ぎ、ブシャール(画像下段)がバックハンドを打つ時に瞼を閉じている限りは見目麗しい対決……なんて冗談はさておき、二人の状態さえ良ければ熱い戦いになること必至。今大会女子最高の注目カードになるでしょう。


ベスト4 → マリア・シャラポワ [2]


決勝 → シャラポワ vs クヴィトワ


優勝 → マリア・シャラポワ 

No comments:

Post a comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Real Time Analytics